pickup
100日後に墨絵が上達する柴犬 ~導入・準備編~Introduction

 

あーくん
ねぇ、マユカぁ。
ぼく、墨絵がじょうずになりたいんだけど、うまく描けないんだよね。
マユカいつも墨絵かいているじゃん? 教えてよ。

マユカ
いいよ♡
じゃあ、描いたもの見せてよ。

 

あーくん
鳥さん描いてみたんだけど。。。

 

 

マユカ
とってもいい絵だよ、あーくん。
確かにうまい絵とは言えないかもしれないけど、「うまい絵」がイコール「良い絵」とはかぎらないよ。
でも墨絵(水墨画)には「技法」というものがあるから、ちょっとずつ教えていくね。
まずは、挿し絵になる簡単な題材からはじめようか。
おハガキにちょっと描き加えると相手に喜ばれるから、ハガキに描くところからトライしてみようよ!

 

あーくん
うん、描いてみるー!

 

こんにちは、竹田繭香です。

 

以前から「墨絵の描き方」を発信していこうと思っていました。

YouTubeにいくつかあげてみたものの、どうもしっくりしなくて、なかなか構想が定まりませんでした。

しかし徐々に構想が決まってきましたので、ここら辺でまずは投稿してみたいと思います。

最初から完璧を求めず、行動しながら徐々に改善する戦法です。

 

「100日後に墨絵が上達する柴犬」について

 

これから「100日後に墨絵が上達する柴犬」と題しまして、

わたくし「マユカ」が柴犬の「あーくん」に墨絵を教えるという設定で、「墨絵の描き方」を解説していきます。

 

マユカ&あーくん

 

 

100日間、連続投稿は難しいですが、不定期で投稿してまいります。

初心者向けの設定ですが、ご興味ある方はぜひご覧ください。

 

現時点での構想では、テキストと動画で解説していく予定です。

また、ブログ以外の媒体でも出していくかもしれません。

 

100回のテーマは、ざっくりと

「縁起物」
→「春の題材」
→「夏の題材」
→「秋の題材」
→「冬の題材」
→「干支」
→「色紙に描く」
→「最後は作品らしいものを」

 

という順序で考えております。

もしかしたら、途中で予定を変更するかもしれません。

 

墨絵に必要なお道具は「文房四宝+α」

 

基本的に、お道具は書道と同じでけっこうです。

いわゆる「文房四宝(ぶんぼうしほう)」ですね。

筆、墨、紙、硯が必要です。

でも、墨絵では墨汁は使いません。

かならず墨をすります。

そして、紙は半紙ではなく、画仙紙や楮紙などを使います。(お好みです)

 

必要なものは以下です。

  • 筆(大・中・小3本はあると良いです)
  • 墨(固形の墨)
  • 硯(学校の書道で使った硯で大丈夫です)
  • 顔彩(作品に色を入れるときに使う)
  • 筆洗(筆を洗うもの。なければコップやお碗でOK)
  • 絵皿2枚ほど(淡墨や中墨を入れておくお皿。なければ普通のお皿やプラ皿でもOK)
  • 下敷き(100均で売っているフェルト布でOK)
  • 墨ふき用ティッシュ(筆を整えたり拭いたりするときに使う)
  • 水滴(硯や絵皿に水を注ぐもの。なければ100均の醤油つぎでOK)
  • 練習用の画仙紙や楮紙
  • 本番用の画仙紙のハガキ(最後の方では色紙を使う予定です)
  • 文鎮(使いたい方は使ってください。無くてもいい方は省いて結構です)
  • 雅印と印泥は今回は省きますが、押したい方は押してみてください。

 

最初はそれほど高いものを買わなくても大丈夫ですので、そろえてみてください。

下の動画は、私が使っている道具の一部ですがご参考までに。

それではまた!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事