pickup
私のバレットジャーナル(Bullet Journal)準備編

こんにちは、竹田繭香です(*^^*)

皆さん、「バレットジャーナル(Bullet Journal)」てご存じでしょうか?

 

私は、やらなければならないことが多く、日常的にてんてこ舞いなので、バレットジャーナルで生活を管理することで、もしかしたら余裕を持って効率的に生活ができるかもしれない!との思いから始めようとおもいました(*^^*)

 

バレットジャーナルとは?

 

バレットジャーナルとは、ひとことで言うと、「自分でノートとペンを用意して好きなようにカレンダーやタスクなどを書き込んでいく手帳術」のことです。

 

普通の手帳とは違います。

 

「バレットジャーナル」という手帳がお店に売っているのではありません。
自分の好きなノートとペンを用意して、自分の好きなことを好きなように書き記していきます。

 

ひと月のカレンダー、予定、目標、TO DOリスト、日記など、手帳によくある項目を書くだけではありません。

 

  • 毎日の習慣としたい事柄が身についているかチェックする表
  • 勉強のスケジュール
  • 献立表
  • 冷蔵庫の在庫リスト
  • 家計簿
  • 体重の変化のグラフ
  • 毎日の睡眠時間のグラフ
  • 旅行の計画表
  • 仕事のアイデア
  • インスピレーションのメモ
  • 絵の練習ページ
  • こうなったらいいなという願い事を書くウィッシュリスト
  • 読みたい本リスト
  • 読書記録

など、、、

 

自分が管理したいこと、記録しておきたいことなど、様々なことをこの一冊のノートにまとめていきます。

 

バレットジャーナルの起源は?

 

バレットジャーナルは、デジタルプロダクトデザイナーであるライダー・キャロル(Ryder Carroll)さんが、そのアイデアを2013年にウェブ上で公開したのが始まりです。

バレットジャーナル公式サイト:http://bulletjournal.com

 

ライダー・キャロルさんがYouTubeで、書き方をまとめていますので、ご覧ください。

 

すべてをこの動画の通りに書く必要はありません。

自分なりのオリジナルの項目を作ったり、色々体裁を変えたりしながら、好きなようにカスタマイズするのがいいようです。

バレットジャーナルに必要な道具

 

ノート

 

まずは、ノート。

バレットジャーナリストさんたちに人気なのは「ロイヒトトゥルム1917」というノート。

お値段は結構高いです。1冊3000円くらいかな。

色は豊富にあるのですが、私は「アイスブルー」を選びました♡

しおりも、単色とストライプの2本でおしゃれ♡

バレットジャーナルに欠かせない項目の一つに「インデックス」があります。

このロイヒトトゥルムには、最初からインデックスのページがあるので、作る必要がなく、とても便利です。

中は、5ミリのドットです。

ロイヒトトゥルムには「方眼」タイプもあるのですが、バレットジャーナリストに人気なのは、この「ドット」タイプです。

また、最初からページが印字されているのも良いところです。

印字されていないノートには、インデックスを作る都合上、ページを書いていかなければなりませんので、手間が省けます。

251ページまであります。

 

文房具

 

あとは、文房具。

LOFTで買いました。

好きなカラーペンを用意するだけなのですが、私はこの機会に、バレットジャーナリストさんたちに人気の、ゼブラの「マイルドライナー」を購入してみました!

色がとてもきれいです♡

あとは、個人的に、書きやすくて気に入っている、ゼブラの「SARASA CLIP」の0.3ミリと0.5ミリの黒です。

そのほかの、定規、桜のシールやマスキングテープ、鳥のインデックスは百均でそろえました。

 

そして、これは必須ではありませんが、初心者用にバレットジャーナル用のシールも販売されています。

これはマイジャーナルというところから出ているものですが、一部の商品はロフトでも売られています。

シールを貼るだけなので、私でも簡単にできそうです♪

まずは、慣れるまで、シールでアレンジしていきたいと思います♡

 

インスタグラムでは「#bujo」と検索するとたくさん出てきます。

一部ご紹介します。

この投稿をInstagramで見る

 

␛ ␡(@ophiuchuster)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jess(@bullet_journaling_jess)がシェアした投稿

 

検索してみると、本当に芸術的なノートも出てきて、気後れしてしまいますが、私はまずはシール貼りからやってみることにします(笑)。

それではまた!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事